記事公開日:
カテゴリー:気になる音楽
小生が唯一、中学、高校と広島県の田舎町から広島市内へ
毎年足を運んだコンサートが八神純子さんです。なんでしょうね、
他にも素晴らしいアーティストはいらしたのですが八神純子さんに
魅かれました。
そのうち、結婚されて渡米されたんですよね、残念でした。
2011.3.11の東日本大震災を機に日本に戻られチャリティ中心に
活躍さているようで、
またいつか八神さんの生歌を夢見る今日この頃です。
この記事のタグ:
 
同カテゴリ
公  開  順

関連記事

当時、キャンディーズが好きでしたねぇ。
といってもその頃は小生は田舎の小学生でしたから
レコードを買うわけでもなくコンサートに行くわけでもなく、
グッズを買うわけでもなく、ただテレビに出てくればかじりつき、
雑誌「平凡」や「明星」に写真があれば切り抜いてみたり程度の
ファンでございました。
この「わな」は子供ながらに歌詞に淫靡さとハードボイルドをなぜか
感じた曲でした。
発売日:1977年12月05日
 (>続きを読む)
小生は特にK-POOPが好きなわけではないが、
「KARA」とか「少女時代」程度は知っている。
今回記事にする「Apple.B ”애플비”」には今までのK-POPとは何かが違う違和感を感じた。
メイクも薄めで揃えたメイクというよりナチュラル感が多少ある。
今までのK-POPと何が違うと云われそうではあるが
K-POP特有の出来過ぎ感・作り過ぎ感
完璧感がてんこ盛りとは少々違うような気がした。
 (>続きを読む)

スポンサード


コメントはこちらから

* が付いている項目は、必須項目です!

*

トラックバック URL

Top