記事公開日:
カテゴリー:気になる映画
ベトナム・ハノイで日本語教師として働くみさおの元に、父の訃報が。
飛び込んできた。故郷・新潟で目の当たりにしたのは、認知症を煩い、。
父の死さえ理解していない母シズエの姿。後妻として家に入った母の。
血縁者は自分一人。みさおは、兄たちの反対を押し切り、ベトナムに。
母を連れていく決意をする。
日本どころか新潟から出たこともない母と久しぶりの二人暮らし。
母が巻き起こすハプニングも、ベトナムの人々は家族のように二人を。
受け入れ、言葉は通じずとも心を通わせていく。。
そして青春時代の旧友・小泉との再開とロマンスの気配。しかし。
思いがけない母のケガ、激化する介護に疲弊するみさおだったが、老いた母と向き合い、支えてくれる
ベトナムの人々との心あたたまる交流を通して、みさおは、よりベトナムでの人生を豊かなものにしていく。


舞台は地味なベトナムなのだが、大森一樹監督をはじめ、松坂慶子、草村礼子、奥田瑛二のほか、
柄本明、吉川晃司とキャスト陣も豪華な顔ぶれである。この顔ぶれだけでも観覧したくなるが、発展途上国の
ベトナムと、先進国が生み出したと言っても過言ではない痴呆症というテーマにも興味がある。
予告を見る限り飾りっけのない町並みに懐かしさと安堵感を覚えるのは何故だろうと、何に惹かれるのかも
小生自身、確認しに観覧しに行きたくなる映画である。

『ベトナムの風に吹かれて』映画情報
映画.com
Movie Walker
公式Twitter
公式Facebook
この記事のタグ:

関連記事

高橋恵子さんが主役の映画というのも久々で、
どんな役設定でもハマってしまう、いやハメてしまう
高橋恵子さんを見るのが楽しみです。
出演陣もさることながら、ストーリーも興味津々です。
いや別に自殺願望はないのですが、
これから目の前の人が自殺するかもしれないと感じつつ接客をし、
自殺の後始末までしてしまう主人公の
心を観てみたいと思ってしまう映画です。
劇場公開日 2012年11月10日より順次公開
 (>続きを読む)
角川映画祭
「読んでから見るか、見てから読むか」
のコピーで出版社が映画を制作するという当時では珍しい手法の映画「犬神家の一族」が映画界に一石を投じた。
映画会社が興行収入を算出しながらつくるのではなく。
映画をつくる基盤である作家、監督、プロデューサーが作りたい映画、映画化したい作品を世に送り出し始めたのが角川映画。
その映画は作品の質だけではなく出版会をはじめ、
テレビ、ラジオ、新聞、雑誌などメディアミックスのはしりといってもいい大規模宣伝展開であろう。
 (>続きを読む)

スポンサード


コメントはこちらから

* が付いている項目は、必須項目です!

*

トラックバック URL

Top