記事公開日:
カテゴリー:気になる映画
高橋恵子さんが主役の映画というのも久々で、
どんな役設定でもハマってしまう、いやハメてしまう
高橋恵子さんを見るのが楽しみです。
出演陣もさることながら、ストーリーも興味津々です。
いや別に自殺願望はないのですが、
これから目の前の人が自殺するかもしれないと感じつつ接客をし、
自殺の後始末までしてしまう主人公の
心を観てみたいと思ってしまう映画です。
劇場公開日 2012年11月10日より順次公開
京都造形芸術大学の学生とプロのスタッフ・キャストがタッグを組む北白川派映画の第3弾作品で、
自殺の名所となった崖の近くで商店を営む初老女性の目を通し、死生観への真意をなげかける人間ドラマ。
山陰の小さな港町・上終(カミハテ)で、母の残した店を引き継ぎ、
パンを焼いては細々とそれを売って生活している初老の女性・千代。
いつの頃からか、店のそばにある断崖絶壁が自殺の名所となり、店に見知らぬ訪問客が現れるようになる。
彼らは人生の最後に千代が焼いたパンを食べ。千代も彼らが自殺するであろうと気づいても
止めることなく、ただ見送った人々が崖に残していった靴を持ちかえる日々を送っていた。

千代役は「花物語」(1986)以来23年ぶりの映画主演となる高橋惠子。千代の弟役に寺島進。
劇場公開日:2012年11月10日より順次公開
この記事のタグ:
 
同カテゴリ
公  開  順

関連記事

角川映画祭
「読んでから見るか、見てから読むか」
のコピーで出版社が映画を制作するという当時では珍しい手法の映画「犬神家の一族」が映画界に一石を投じた。
映画会社が興行収入を算出しながらつくるのではなく。
映画をつくる基盤である作家、監督、プロデューサーが作りたい映画、映画化したい作品を世に送り出し始めたのが角川映画。
その映画は作品の質だけではなく出版会をはじめ、
テレビ、ラジオ、新聞、雑誌などメディアミックスのはしりといってもいい大規模宣伝展開であろう。
 (>続きを読む)
ベトナム・ハノイで日本語教師として働くみさおの元に、父の訃報が
飛び込んできた。故郷・新潟で目の当たりにしたのは、認知症を煩い
父の死さえ理解していない母シズエの姿。後妻として家に入った母の
血縁者は自分一人。みさおは、兄たちの反対を押し切り、ベトナムに
母を連れていく決意をする
日本どころか新潟から出たこともない母と久しぶりの二人暮らし
母が巻き起こすハプニングも、ベトナムの人々は家族のように二人を
受け入れ、言葉は通じずとも心を通わせていく。
そして青春時代の旧友・小泉との再開とロマンスの気配。しかし。
 (>続きを読む)

スポンサード


コメントはこちらから

* が付いている項目は、必須項目です!

*

トラックバック URL

Top