記事公開日:
カテゴリー:気になる書籍・雑誌
この本に出会えたからこそ小生のサイトも
WordPressに乗り換える事ができました。
数年前からWordPressの存在は知っておりましたがテンプレートを
使うと、思ったサイト構成にならず、
PHPの知識のない小生にはテーマのカスタマイズもままならず
幾度となく挫折しておりましたが、
まさか白紙の状態からWordPressのテーマが作れるとは思っても
いなかった小生には目から鱗でした。
WordPress 3.x 現場のワークフローで覚えるビジネスサイト制作

本当に、この本および著者であるハヤシ ユタカさんには感謝の念でいっぱいです。

この場を借りて感謝申し上げます。

バージョン3以降でCMS(英: Content Management System)としての機能が充実したことにより、
ブログだけでなく、一般的なコーポレートサイトへの導入も盛んになっているWordPress。

この本では、(X)HTML+CSSでサイトをつくることはできるものの
「ゼロからのWordPressサイト構築は未経験」「PHPなどのプログラムはあまりわからない」という方の
ために、WordPressでビジネスサイトを構築する手法をステップ・バイ・ステップ形式で解説。
作成するサンプルサイトには、
ニュースページ、
製品情報ページ、
会社概要ページ、
お問い合せフォームといった要素が盛り込まれています。
サンプルデータと掲載コードはダウンロードで入手できるので、PHP言語に不慣れな方でも
順を追ってステップを進めていけば、WordPressのしくみからテンプレートタグの使い方、
カスタム投稿タイプ、固定ページなど、WordPressサイトの制作に必要な知識と
技術を身につけられます。

さらに、jQueryの組み込みやソーシャルメディアとの連携、ギャラリー制作、スマートフォン対応といった
実践的な技術も満載。WordPressでサイト構築を目指す方、必携の一冊!

因みに、この本で制作できるサイトはこんな感じです。
発売日:2012年09月20日
この記事のタグ:
 
同カテゴリ
公  開  順

関連記事

この本に出会えたからこそ小生のサイトも
WordPressに乗り換える事ができました。
数年前からWordPressの存在は知っておりましたがテンプレートを
使うと、想ったサイト構成にならず、PHPの知識のない小生には
テーマのカスタマイズもままならず幾度となく挫折しておりましたが
WordPressをローカルでも構築できるソフトがあって
サイトオーナー側でWordPressの機能を自由に追加・カスタマズが
できるという事に目から鱗でした。
 (>続きを読む)
食生活とは家庭ごとでも違う事が良くある、
例えばカレーライスに
ソースをかけるかかけないか?、それとも醤油なのか?
目玉焼きは塩コショウ?といった具合である。
これがお国の違や宗教の違いとなれば、目から鱗が出るか、
眉をしかめるかの分れどころ。
その昔御徒町のアメ横で食肉をはじめとする輸入食品を販売していた
小生には少々興味がある
 (>続きを読む)

スポンサード


コメントはこちらから

* が付いている項目は、必須項目です!

*

トラックバック URL

Top